定番となりつつある京都の前撮り

subpage01

京都において前撮りを行うことは、ウエディングにおける定番となりつつあります。結婚式という場では、人生の晴れ舞台にふさわしく、何回もお色直しが行われ、そのたび衣装も変えることが通例でした。

しかし、昨今の地味婚ブームや、時間的コストの面から、和装はとくに敬遠されがちになっています。



一方、せっかくの機会だけに、2人で白無垢と紋付袴を着てみたいというのも、確かな需要があります。

この相反する要望を叶えるものとして、京都の前撮りは存在するのです。

今までになかった結婚式の前撮りについて悩んでいませんか。

由緒正しき日本文化を伝える町は、世界でもっとも和装が似合う場所でもあります。
それだけに、京都で行う前撮りは、白無垢も紋付袴も非常に映えます。

凛然とした町並みや、静穏な神社仏閣、色彩豊かな日本庭園と、シチュエーションに事欠くことはありません。
また、ニーズが多いだけに、取り組むスタッフの数も豊富ですから、それだけ技術の練磨と伝達に優れています。
そのため、写真写りに自信がない人であっても、美しくも凛々しい一枚が出来上がるのです。京都の前撮りで映し出された写真は、結婚式の招待状としても、永遠に残すアルバムの一枚としても最適です。
加えて、身重の中で結婚式をあげたり、事情があって式を行わないときにも、余裕をもって結婚衣装に身を包むことができます。海外で式をあげるカップルにも人気で、一年を通して様々な人が現地を訪れています。



京都で行う前撮りは、絆を深める初めての共同作業なのです。